ビジュアル画像1

虫歯はどうしてできるのですか?

虫歯菌が糖分を栄養にして増殖し、酸で歯を溶かしていくことが原因で虫歯になります。
お口の中の虫歯菌の量により虫歯になりやすい、なりにくいなどの個人差もあります。

虫歯のチェックはいつからできますか?

歯が生え始めたら虫歯は始まります。当院では泣くお子様でも安心してご来院ください。
歯だけでなく、お口の中全体をチェックします。

フッ素やシーラントをしたら虫歯になりませんか?

虫歯予防に絶対ということはありません。甘いもの等の普段の食生活や歯と歯の間の汚れなどに気をつけてください。

フッ素は何歳から塗れますか?

乳歯が生えそろう、2歳~3歳位からおすすめします。お子さまでも抵抗なく塗布できるようフルーツ味のフッ素を使用します。塗った後は30分程飲食を控えてください。

フッ素って体に悪影響はないのですか?

フッ素は、骨などを構成する要素のひとつで、人体への悪影響はありません。ご安心ください。

乳歯はいずれ抜けるので、永久歯になってからの治療で構わないのでは?

乳歯の虫歯は、永久歯の形成や永久歯の歯並びにも影響します。ですので、いずれ抜けるからと言って放置せずに乳歯の頃からしっかりと治療・予防が必要です。

乳歯が抜ける前に永久歯がはえてきましたがどうすればよいでしょうか?

6歳前後で下顎の前歯部であれば、ほとんどの場合は正常です。
それ以外の場所では乳歯の抜歯が必要となります。

永久歯が生えたのですが、ぐらついています。大丈夫ですか?

生えたての永久歯は、歯根がしっかり根付いていませんので、ぐらつくこともありますが、徐々に固定されていきます。