ビジュアル画像1

痛みのない歯科治療を

当院では、痛みのない歯科治療を実現するために、レーザー治療を導入しております。
レーザー治療はドリルとは違い、虫歯の部分だけを削る事が可能で、健康な歯を傷つけることなく治療することができます。
また、レーザー治療は虫歯治療だけでなく、歯周病治療・予防、口内炎、色素沈着除去、歯垢除去・知覚過敏などにも使用できます。
当院ではEr.YAGレーザーという数あるレーザー治療の中でももっとも安全で非常に痛みが少ないレーザーを使用しています。

当院では治療に対して恐怖心をぬぐえない方へ、笑気注入鎮静法(笑気麻酔)を導入しております。
笑気注入鎮静法は笑気という気体を混ぜた酸素を鼻から吸い込むことにより、気分が楽になり痛みや恐怖等を感じにくくする麻酔法です。無臭ですのでお子さまでも無理なく吸引でき、安全性も高いのが特徴です。
歯科治療にどうしても強い恐怖心を感じる方は、ご相談ください。

小児矯正はあごの骨のバランスや大きさを整える事と、歯の位置を正しい位置に調整する2つの治療を行います。
そのため成長に合わせた治療を行うことが小児矯正のポイントになります。

反対咬合(受け口)のお子様の治療の場合、今までは成長と一緒に治ると思われている方も多くおられましたが、自然に治るのはごくわずかな場合のみで、何もしなかったことで逆に体に悪影響を与える場合の方が多くありました。
萩野歯科では反対咬合の治療に、ムーシールドという矯正器具を使って、できるだけ早めの治療を行っております。
ムーシールドは寝る時のみに装着するマウスピース型の矯正器具で、取り外しが可能なため日中の生活に影響が出ずに治療を行うことが可能です。
3歳児からの治療が可能なため、永久歯に生え変わるまで待つことなく治療を始めることが可能です。

床矯正の装置は入れ歯によく似た装置で、幼児でも簡単に取扱いができます。
床装置の治療目的は

基本的には一方向しか移動できないので、顎を広げる装置、歯を押し出す装置といくつかの装置を組み合わせて治療します。治療開始時期が早ければ早いほど治療が早期に終了します。
床装置の中にスクリューが装着されています。ヨーロッパでは200種類のスクリューがあります。ネジを棒〔キー〕で巻くことで、スクリューが移動して、床が拡大して顎を拡げたり、歯を移動したりできるのです。

歯並び全体を治療するのでなく、一部分の歯の矯正治療を行い適切な位置に歯を移動します。特徴として治療期間は短く、料金は比較的安価ですが、クラウン、ブリッジの治療をする前処置として、また歯槽膿漏治療の一環として行います。部分矯正のみで最終治療が終わるという症例は少ないです。

通常2~6歯までの矯正となり、前歯が少し重っている場合や少し隙間のある歯を移動させる場合に適用することが多い治療法です。

口呼吸とは、文字通り口で呼吸をすることです。本来なら人は意識せずとも鼻で呼吸をしますが、中には無意識に口で呼吸を行ってしまう癖のある方もいます。
口呼吸を行ってしまうと、鼻というフィルターを通さずに直接ほこりや細菌を体内に吸い込んでしまい、健康面で好ましくありません。また、口の中が乾きやすくなり、口臭や歯周病、歯の着色などの原因にもなります。

口呼吸を行ってしまう原因の一つとして歯並びがあります。歯並びが悪いと口が閉じにくくなり、無意識のうちに口が開いてしまうので、自然と口呼吸になりやくなります。

歯医者の治療は痛いという事で嫌がられる方も多くおられますが、当院ではレーザー治療や笑気注入鎮静法などを導入し、患者様への負担が少ない治療を心掛けております。

正しい噛み合わせを育てる為には正しい姿勢が重要です。姿勢が悪いと噛み合わせにも悪影響を及ぼします。 当院ではお子さまの体幹を鍛える体操を行っております。体操で体幹を鍛えることで正しい姿勢にを維持し易くなり正しい噛み合わせへと成長を促します。